酒気帯運転の交通事故

かつてはお酒を飲んだまま普通に車を運転している人がたくさんいました。
もちろん、昔から酒気帯運転は禁止されていたのですが、取り締まりや罰則が緩かったために、平気でお酒を飲んだ後に車に乗る人がいたのです。
現在では、飲酒運転への罰則がかなり厳しくなっており、取り締まりも徹底して行われています。
その結果として、飲酒運転による事故はかなり減少しました。


酒気帯運転とは、血中アルコール濃度あるいは呼気中のアルコール濃度が、一定の数値を超えているにも関わらず車を運転することです。
アルコールを飲むと、人間は正常な判断能力や運動能力、反射神経などが失われてしまいます。
いつもは普通に安全運転をしていた人が、お酒を飲んだ後にスピード違反をしたり、マナーの悪い運転をするケースはよくあります。
また、本人は大丈夫なつもりであっても、酔っていてまともに運転できていないケースは多いです。


お酒を飲んだまま運転していると、たとえば突然道路に飛び出してきた人がいたとしても、急ブレーキをかけるのが遅れてしまうことがあります。
神経系の働きが鈍くなってしまい、視力や聴力にも影響を与えるため、運転にとって大きな支障が生じてしまうのです。
飲酒運転をすることは絶対にいけないことであり、飲酒運転の件数が減少した現在であっても、警察は厳しい取り締まりを続けています。
当サイトでは、酒気帯運転による交通事故について解説します。
たくさんの情報を提供するため、参考にしましょう。